美容外科で評判の施術

年齢を重ねるにつれて、肌のハリを維持するコラーゲンが減少していきます。そのため、次第にたるみ、シワに悩まされる方が増えていきます。

自分に合った美容整形に対する期待が寄せられています。

一度、肌トラブルが生じると、毎日のスキンケアでは容易に解消されないです。

美容外科では、昨今、アンエイジング治療としてこめかみリフトが人気を集めています。

これは、たるみの原因である皮膚、筋膜を切除して引き上げる施術のことです。
施術方法は、たるみの状態によって主に2種類あります。

goo ニュースにアクセスしてください。

まず、耳のちょうど真上あたりの皮膚を切開して、引き上げる方法です。


これは、比較的、たるみの程度が軽いときに用いられます。

メスで切開した傷あとが髪で隠れるので、周りに施術がばれる恐れがないです。



そして、もうひとつの施術方法が、こめかみ付近の髪の生え際を切開する方法です。
こちらは、目元までの距離が近いので、たるみが深刻な場合に用いられます。

どちらの施術方法にするかは、美容外科の医師と良く相談して決める必要があります。
施術にあたり、多くの方が心配するのは痛み、怖さなどについてです。
確かにメスを使う施術と聞くと、不安感を覚えるのは当然です。ただこめかみリフトの場合、一般的なフェイスリフト手術と比較すると、体への負担が好くないという利点があります。

というのも、切開する部位は小さいので、ダウンタイムがあまりないからです。それと、施術に際してはきちんと部分麻酔を行うので、痛みを感じることもほぼ無いです。


初めて美容外科を利用する方でも、とても受けやすい施術といえます。